絵本作家 谷口智則さんに描いていただきました♪

2020年10月31日(土曜日)
世界で活躍する四條畷出身の絵本作家 谷口智則さんに
ハジメフーズ(空とぶからあげ本店)のシャッターに
即興で絵を描いてもらうライブペインティングが開催されました。

13時スタート!
下書きとか何もなしで、描いていくんです。

当日はハロウィン♪
仮装をして見に来てくれたり、
空とぶからあげを食べながら見てくれたり、たくさんの方が見学に来てくれました♪

16時。とってもステキなシャッターになりました♪
シャッター画はSDGsを意識し、17匹の動物が17色のハートを持っている画になりました。
ハジメフーズは、これからも地球環境を意識した取り組みを続けていきます。

【谷口智則】

20歳の時にボローニャ国際絵本原画展を見て、独学で絵本を作り始める。
金沢美術工芸大学で日本画を専攻しながら、絵本の制作を続け、日本画の持つ空間や色調を活かした今の作風を確立する。
読んだ人が絵本の世界に入り込め、登場人物の想いや言葉が空間に浮かんでくるような絵本作りを心掛け、たとえ言葉が通じなくても、子どもから大人まで世界中の人々に想いと感動が伝わるような絵本作りを目指している。

谷口さんのホームページはコチラから。